自然のイメージ画像

微生物さんの話

目に見える存在・微生物さんだけが 絶対的なものと されがちな中 ただ坦々と休みなく
土・海・川・植物・虫・動物・人間などが バランスよく存在出来るように
働いている 目に見えない存在 微生物さん

手にも 顔にも 腸にも たくさんいて 日々 バランスを保とうと活動しています
微生物さんなくしては 1日たりとも生きていけないのです
身近なところでは おみそやパン作りも 微生物さんのなせるわざですね

例えば 土で言えば 植物にとっての土の中の栄養分は 落ち葉や米ぬかなど
そのものではなくて それらを 微生物さんが 分解してくれたものを
栄養分として 吸収しているのであって 人間がしたつもりになっても
その最後の仕上げは 何ひとつ出来ることなく 微生物さんにお任せした上で
食物などとなったものを 取り入れながら 私達は生きています

見返りを求めないその姿に 何かが揺り動かされます
出番が来ると 物言うことなく働き 役割を終えると さっさといなくなる
微生物さん
その在り方の中に 人間が奥底で求めている これから どう生きるかの
ヒントがあるような気がしてならないのです